【現】佐藤 論征


一生懸命 おじいちゃんおばあちゃんから子どもたちのため これまでもこれからも全てに一生懸命


sato_noriyuki_poster
※佐藤のりゆき候補 選挙ポスター画像(2018/3/18撮影)

基本情報

[議席番号]10
[氏名]佐藤 論征
[よみかた]さとう のりゆき
[常任委員会]総務文教・議会運営
[会派]新生会
[生年月日]1970年7月21日
[出身地]上田市
[現住所(自治会)]上田市真田町長3576番地1(真田)
[政党]無所属
[自宅電話]0268-72-5666
[自宅FAX]0268-72-2622
[公式HP]http://noriyuki-sato.com
[mail]noriyuki_sato3511@ybb.ne.jp
[Facebook]https://www.facebook.com/noriyuki.sato.967
[Twitter]

プロフィール

会社役員
元証券会社勤務
平成26年 上田市議会議員初当選
上田市議会環境建設委員会 委員長
元上田市消防団 ラッパ長

上田市議会議員になろうと思った理由を教えてください。

私は世襲議員いわゆる二世議員です。父親が真田町町議会議員・上田市議会議員を務め、病気をきっかけに引退したことを受け、大勢の皆さんの後押しもあり、父親の志を引き継ぎ立候補いたしました。私は高校生のころ父親が議員となり、その頃から父親の地域への熱い想いに触れ、父親が引退するにあたりこの想いを後世へひきつかなければならないという強い信念をもって上田市議会議員となりました。

参加している、または参加していた地域活動などありましたら教えてください。

自治会活動
NPOほこほコネクト(副理事長)
元上田市消防団 ラッパ長(平成24年度まで22年間所属)
元真田地域協議会委員
元真田地域公共交通利用促進協議会委員
元上田市スポーツ推進委員
元長小学校PTA会長

趣味や特技などありましたら教えてください。

釣り ドライブ 映画鑑賞

上田市の魅力とは?

豊かな自然環境と首都圏への交通アクセスの良さ

上田市の課題とは?

人口減少 特に旧町村の急激な人口減少
資源循環型施設建設 クリーンセンターの老朽化による増大する経費負担
地域内分権 住民自治組織の設立とこれからの運営

政策・ビジョンについて

ごみ減量

上田地域広域連合が進める資源循環型施設建設の実現に向け、上田市としてごみの減量化は最大の課題です。資源循環型施設建設を市民全体の問題と捉え、ごみ減量化を更に推進します。

生活道路整備

こどもやお年寄りの安全確保のための生活道路整備を促進します。特に144号線で現在整備が進められている上野バイパスは、通学のこどもたちの安全確保のため整備は急務であり、整備を促進します。また、定住自立圏である嬬恋村との独自の繋がりを活かし、県境を越えた道路整備を促進し、嬬恋村との連携を更に強化します。

地域公共交通の再構築

現在運行中の運賃低減バス実証運行の実証運行期間終了が間近と迫り、バスの利用を更に推進します。更に年々増大する公共交通運行に係る市の負担についても経費削減に取り組みます。乗り合いタクシーなどの代替え公共交通等について研究を推進し、利便性向上を図りながら経費削減に取り組みます。

補足情報等

これまで、1期4年間全てに一生懸命取り組んでまいりました。これからも全てに一生懸命取り組み、日本一の魅力ある上田市を創造してまいります。

選挙公報

senkyokouhou_sato-noriyuki
※平成30年3月25日執行 上田市議会議員一般選挙公報(上田市選挙管理員会 発行)

▼上田市議会 一般質問内容

▽2018年6月議会一般質問 2018年6月12日
市政についての質問
(1) パブリックコメントについて
(2) インバウンドについて

▽2018年9月議会一般質問 2018年9月10日
市政についての質問
(1) 通学路の安全確保について
(2) 平成29年度決算と上田市の財政について