【現】斉藤 達也


住みたいまち 帰りたいまち 上田


saitou_tatsuya_poster
※斉藤達也候補 選挙ポスター画像(2018/3/18撮影)

基本情報

[議席番号]2
[氏名]斉藤 達也
[よみかた]さいとう たつや
[常任委員会]産業水道・広報広聴
[生年月日]1975(昭和50)年10月14日
[出身地]上田市
[現住所(自治会)]上田市中央二丁目20番12号(材木町)
[政党]無所属
[自宅電話]0268-75-0175
[自宅FAX]0268-75-0175
[公式ブログ]https://ameblo.jp/ueda-moso-diary
[公式HP]http://saito-tatsuya.jp/
[mail]t.saito.kozukeya@gmail.com
[Facebook]https://www.facebook.com/tatsuya.saito.509
[Twitter]

プロフィール

聖ミカエル保育園
清明小学校
第二中学校
上田高校(92期)
東京理科大学
豊田通商株式会社
コウズケヤ薬局(現在)

上田市議会議員になろうと思った理由を教えてください。

原点は中学時代に衰退していくまちの姿を目の当たりにして全校生徒の前で発表した作文「海野町をよみがえらせるためには」。政治家になりたいわけではなく、大好きな地元上田を良くしたい、上田のために尽くしたいという想いは子供の頃から変わりません。

参加している、または参加していた地域活動などありましたら教えてください。

信州大学地域戦略プロフェッショナルゼミ(平成27年修了)
上田市中央公民館運営審議会委員(平成28年~現在)
海野町商店街振興組合役員(平成29年~現在)
若者と大人が地域de学ぶプロジェクト実行委員長(平成29年)
上田市消防団第3分団(平成29年~現在)

趣味や特技などありましたら教えてください。

趣味は読書とランニング(フルマラソン完走)
特技は中国語とスキー(スキー検定1級)

上田市の魅力とは?

・上田をより良くしていこうと行動している市民の多さとそのつながり
・新しいものを受け入れる寛容性とそこから学ぶ勤勉さを併せ持つ市民性
・晴天率が高く過ごしやすい気候と山も川も温泉も近い豊かな自然環境
・美味しいお店が多いこと

上田市の課題とは?

・上田市をより良くしようと素晴らしい活動をしている個人、団体、企業が多い反面、その連携や行政からのバックアップが十分ではないことが惜しい気がします。
・市政に関わる、関心がある世代に多様性が欠けること。先輩方のご意見も尊重しながら、現役世代の男性や、女性、若者、移住者など多様な人たちが市政に関わり対話を重ねて、共感を得られる政策が提言される仕組みができればと思います。

政策・ビジョンについて

教育の充実(地域で子どもが育つまち)

・地域の大人が良き先生になり、地域全体で子育てする街を目指します。
・芸術文化や伝統工芸に触れる機会を通じて、子ども達の文化度向上をはかります。
・本や新聞をよく読む子、自分の意見を言え、人の意見を聞ける子を育てます。

出産・子育て支援(子育てしたくなるまち)

・現役子育て世代のひとりとして、働くママや子育てパパと共に行動し、現場の声を市政に反映させます。
・親子二世帯の近居支援など、子育てと親の見守りで家族が助け合う制度を提案します。
・医療福祉の充実や公園の整備により、子どもからお年寄りまで安心して楽しめる環境を整えます。

市街地の活性化及び地元の中小企業の発展(働きたい会社、歩きたくなるまち)

・攻めの政策に転換し、商店街空き店舗問題の根本的な解消を目指します。
・上田で育った若者や、自立したいと願う若者の就職支援により、人材の確保と定着に繋げます。
・上田の中小企業の強みを伸ばし、地域で経済がまわる仕組みを整えます。

補足情報等

私は上田が大好きです!このまちに愛着と誇りを持っています。自分を育ててくれた大好きな地元上田に貢献するために市議選に挑戦いたします。

選挙公報

senkyokouhou_saito-tatsuya
※平成30年3月25日執行 上田市議会議員一般選挙公報(上田市選挙管理員会 発行)

▼上田市議会 一般質問内容

▽2018年6月議会一般質問 2018年6月12日
人口減少社会における持続可能な市政のあり方についての質問
(1) 子育て支援について
(2) 中小企業の人材確保について
(3) これからの公共施設のあり方について

▽2018年9月議会一般質問 2018年9月11日
市政についての質問
(1) 学校等における猛暑対策と通学路のブロック塀等対策について
(2) 商店街の活性化について
(3) 野良猫問題について